試聴する

冷たい雨

この曲の表示回数 43,726
歌手:

ハイ・ファイ・セット


作詞:

荒井由実


作曲:

荒井由実


冷たい雨にうたれて 街をさまよったの
もうゆるしてくれたって いい頃だと思った

部屋にもどって ドアをあけたら
あなたの靴と だれかの赤い靴

あなたは別の人と ここでくらすと云うの
こんな気持のままじゃ どこへも行けやしない

冷たい雨が降るたび あなたを思うでしょう
幸せにくらしてなどと 願えるはずもない

夢の中に出てくる あなたは
やさしい面影だけで たくさん

だけど信じられない 突然の出来事が
こんな気持のままじゃ どこへも行けやしない

彼女の名前 教えないでね
うらむ相手は あなただけでいい

涙こぼれるように 時もこぼれてゆくわ
指と指のすきまを そしていつか忘れたい…
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冷たい雨 歌手:ハイ・ファイ・セット

ハイ・ファイ・セットの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-06-19
商品番号:MHCL-119
ソニー・ミュージックハウス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP