試聴する

離愁… 秋から冬へ

この曲の表示回数 15,358
歌手:

松原のぶえ


作詞:

たかたかし


作曲:

弦哲也


右に若狭の海を見て
宮津すぎれば 丹後半島
あなた忘れて生きるには
強いこころが ほしいと思う
秋から冬へ 日本海
女のなげきか ひゅるる ひゅるる
風が鳴る

伊根の舟屋は海の中
泊 本庄 人の影もない
二度とあなたにもどらない
きめた女の ひとりの旅よ
秋から冬へ 日本海
女をためすか ひゅるる ひゅるる
風が鳴る

雨とおもえば 陽がさして
やがて みぞれに そして雪になる
空はうらにし 荒模様
未練ひとつの 迷いでしょうか
秋から冬へと 日本海
女のこころに ひゅるる ひゅるる
風が鳴る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:離愁… 秋から冬へ 歌手:松原のぶえ

松原のぶえの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-05-21
商品番号:COCA-13332
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP