夜汽車

この曲の表示回数 17,310
歌手:

北島三郎


作詞:

木下龍太郎


作曲:

原譲二


すがるお前を 叱りつけ
無理やり乗せた 終列車
迎えに行くから 故郷の空で
身体を治して 待つがいい
ああ夜汽車よ急げ!
泣き濡れた顔を見るのがつらいからつらいから

ごめんごめんな その肩に
苦労の荷物が 重すぎた
親御に逢ったら 伝えておくれ
俺が一言 詫びてたと
ああ夜汽車よ急げ!
振り向かずこころ休まるその町へその町へ

窓に頬寄せ 眠ったか
汽笛も遠い 終列車
出世したなら 大手を振って
お前を貰いに きっと行く
ああ夜汽車よ急げ!
少しでも早くその日が来るように来るように
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜汽車 歌手:北島三郎

北島三郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-03-24
商品番号:CRCN-40160
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP