雪の華

森若里子

雪の華

作詞:池田充男
作曲:青山八郎
発売日:1989/02/25
この曲の表示回数:23,451回

雪の華
雪より白い この肌を
さくらに染める 冬の宿
逢えば乱れて 苦しむ恋に
とけてゆくのも おんなゆえ
あゝおんな おんな哀しや雪の華

吹雪が空に 鳴る音の
恐さにふるえ ねむられず
指につたわる ぬくもりもとめ
強くあなたに またすがる
あゝ恋は 恋は哀しや雪の華

私が泣いて たのんだら
あなたの命 くれますか
せめて春まで 別れるまでは
忍なさけに 酔わせてよ
あゝ咲いて 咲いて哀しや雪の華

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム