港唄

この曲の表示回数 21,410
歌手:

石川さゆり


作詞:

たかたかし


作曲:

猪俣公章


貼り紙ひとつで 港の酒場に
荷物をほどいて もう六月
小雪がちらちら 降る夜は
こころもいつしか 雪になる
飲ませてよ 飲ませてよ
飲まなきゃ こころが寒すぎる
あなた、そばにいて
むかしのように 泣き虫と叱ってよ

東京ことばと 指輪をすてて
地元の女に なってます
あなたが一度は 抱きしめた
しあわせ知らずの 薄い胸
飲ませてよ 飲ませてよ
飲まなきゃ 誰かにまたすがる
あなた、そばにいて
冷たい足を 眠るまで暖めてよ

夜更けの酒場は 男も女も
過去からのがれて 酒を飲む
岬に流氷 去るころは
時計も明日へ うごきだす
飲ませてよ 飲ませてよ
飲まなきゃ こころははぐれ鳥
あなた、そばにいて
髪など撫でて 子守歌うたってよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:港唄 歌手:石川さゆり

石川さゆりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-03-18
商品番号:PCCA-01193
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP