仁義

この曲の表示回数 23,588
歌手:

北島三郎


作詞:

星野哲郎


作曲:

中村千里


(セリフ)お控えなすって!手前 生国と
発しまするところ関東です

天に一つの陽があるように
この世に道理がなくてはならぬ
どんな立派な素ぶりより
ひとはこころだ
こころをすててどこへゆく

(セリフ)早速のお控え有難うござんす

義理で始まり仁義で終る
いっぽん道だよおいらの旅は
どうせ短い いのちなら
ぱっと燃やして
世間の隅を 照らしたい

(セリフ)お見かけ通りの若輩者です
以後よろしゅうお頼み申します

ばかとあほうの兄弟がらす
あばよで別れて行こうじゃないか
男同志で のむ酒がなぜか今夜は
ひとしお胸にしみるのさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:仁義 歌手:北島三郎

北島三郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-11-05
商品番号:CRCN-102
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP