北斗を仰ぎみれば

この曲の表示回数 8,276
歌手:

堀内孝雄


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

堀内孝雄


もしもちがった人生を 歩いたとしても
熱き心を俺は 道づれにしていた
空に北斗の星を 仰ぎみれば
人の運命は はかなく愛しい

生きざまは 俺のもの
たとえ時代が変わっても
生きざまは ひとつだけ
夢追いすぎると 言われても

いつかひとつの生命を 捨てることあれば
悔いを残さず俺は 目頭を閉じよう
風よ背中をたたけ 雪よ積もれよ
生きる証しが 試練であるなら
生きざまは 俺のもの
夢が古びてしまっても
生きざまは ひとつだけ
少年のままで いたいなら

生きざまは 俺のもの
たとえ時代が変わっても
生きざまは ひとつだけ
夢追いすぎると 言われても
夢追いすぎると 言われても
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北斗を仰ぎみれば 歌手:堀内孝雄

堀内孝雄の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-07-15
商品番号:PSCR-5221
ポリスター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP