ふたりの夜明け

この曲の表示回数 33,868
歌手:

五木ひろし


作詞:

吉田旺


作曲:

岡千秋


おまえが流した 涙のぶんだけ
しあわせに ならなけりゃ
いけないよ もう泣かないで
過去という名の 改札ぬけて
ふたり出直す 道の行先(ゆくて)には
きっとくる きっとくる きっとくる
ふたりの夜明けが

あの夜おまえに 出逢えてなければ
乱れ酒 あびるよな
あのくらし 続けていたよ
しょせん器用にゃ 生きられないが
ついてきてくれ この手はなさずに
きっとくる きっとくる きっとくる
ふたりの夜明けが

雪よりつめたい 世間の仕打ちも
ふたりなら 耐えられる
その笑顔 護ってやれる
肩をよせあい しみじみすする
揃い湯呑の 湯気のむこうには
きっとくる きっとくる きっとくる
ふたりの夜明けが
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ふたりの夜明け 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-10-21
商品番号:TKCI-71010
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP