一番列車の女

この曲の表示回数 6,668
歌手:

美川憲一


作詞:

ちあき哲也


作曲:

彩木雅夫


一番列車の デッキにたたずみ
ただひとり的なく 旅立つ私よ
裸の背中に そっとさよならの
接吻したけど ああ
あなたは気づかず 眠っていた
決めたの 別れようと

いつかの女なら この身を退いても
悔いないと信じて 選んだ孤独よ
今頃あなたは ふいに目をさまし
手探りするけど ああ
そこにはかすかな ぬくもりだけ
決めたの 別れようと

心につもった ほこりをはらって
今度こそ上手に 生きてくつもりよ
二年もなじんだ 町をふりむけば
涙が出るけど ああ
ひとりで苦しむ あなたを見て
決めたの 別れようと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:一番列車の女 歌手:美川憲一

美川憲一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-10-09
商品番号:CRCN-50050
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP