試聴する

挽歌

この曲の表示回数 12,848
歌手:

THE ALFEE


作詞:

高見沢俊彦


作曲:

高見沢俊彦


髪もとかずに駆けてく君の
背中がやけに悲しくて
古いシネマの場面想い出した
涙で歪んだスクリーンのように

あいつが君の話するたび
胸が痛みに張りさけそうだった
友を捨ててまで
愛に生きられない
こんな男を恨むがいいさ

降り出した冷たい雨にうたれ
このまま凍えてしまいたい
男と女の悲しげな挽歌
都会が泣いている ひとりが寒いと

夢を投げ合った あいつと同じ女を
愛してしまった不幸を嘆くよ
君を抱くたびに
友の横顔が
こころしばって 愛は宙を舞う

馬鹿馬鹿しい恋の結末に
裏切りの涙がとびちる
男と女の悲しげな挽歌
都会が泣いている ひとりが寒いと
ラララ…………………
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:挽歌 歌手:THE ALFEE

THE ALFEEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-10-17
商品番号:PCCA-00157
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP