ほら、また

この曲の表示回数 5,009
歌手:

唄人羽


作詞:

本多哲郎


作曲:

本多哲郎


麗らかな日射しに包まれ始めた季節
北の雲へと渡り鳥は飛んでゆく

南から梅の花を咲かせに届く風に
街と人も少しずつ色染めてゆく

耳を澄ませば聴こえてくる 春の優しき音が 今その胸の中に

風に吹かれて 軽快なリズムで
走り出そう ほら影が伸びてゆく
君も一緒に唄わないか?

弟は卒業を前に別れと出会いを歌う
僕は知らない人の中で牛丼を食べている

父と母は春が来たのも知らないで
言葉もかわさず ずっとケンカをしている

たまには二人手をつないで 口笛吹けば あの日のメロディーが

風に吹かれて 空を見上げれば
忘れかけたものに また影が伸びてゆく
君も一緒に笑わないか?

桜の下で歌うのは 少し恥ずかしいけれど
笑えるならどこでもいいや さあ 今日ぐらい時間も忘れて
堅いネクタイ ハチマキにして

LaLaLaLaLa…
ほら また影がのびてゆく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ほら、また 歌手:唄人羽

唄人羽の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-07-18
商品番号:FLCF-3870
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP