試聴する

残りの雪

この曲の表示回数 979
歌手:

谷龍介


作詞:

木下龍太郎


作曲:

岡千秋


切ってください 貴方から
私が掛けた 電話でも
逢えない想い 積もるから
朝になるまで かかります
いいの…私は 小説(ほん)に出てくる 雪国の
駒子の役で いいのです

抱いてください 思いきり
焦がれて待った 逢う瀬なら
このひとときに 命ごと
燃えて火となる 腕の中
いいの…私は 春になっても 春知らず
残りの雪で いいのです

捨ててください 重荷なら
私がたとえ 泣こうとも
嫌われながら 生きるより
愛のある間(ま)に 散りましょう
いいの…私は 夢で終った 雪国の
駒子の恋で いいのです
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:残りの雪 歌手:谷龍介

谷龍介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/09/16
商品番号:TKCA-91298
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP