卒業-GRADUATION-

この曲の表示回数 53,769
歌手:

菊池桃子


作詞:

秋元康


作曲:

林哲司


緑の木々のすき間から
春の陽射しこぼれて
少し眩しい並木道
手を翳して歩いた

あの人と私は
帰る時はいつでも
遠廻りしながら
ポプラを数えた

4月になるとここへ来て
卒業写真めくるのよ
あれほど誰かを
愛せやしないと

誕生日にはサンテグジュペリ
ふいに贈ってくれた
一行おきに好きだよと
青いペンで書いてた

あの頃の二人は
話しさえ出来ずに
そばにいるだけでも
何かを感じた

4月になるとここへ来て
卒業写真めくるのよ
あれほど誰かを
愛せやしないと

4月が過ぎて都会へと
旅立ってゆくあの人の
素敵な生き方
うなずいた私
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:卒業-GRADUATION- 歌手:菊池桃子

菊池桃子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-12-01
商品番号:VPCB-84021
バップ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP