試聴する

SUMMER EYES

この曲の表示回数 22,170
歌手:

菊池桃子


作詞:

秋元康


作曲:

林哲司


コテージの窓から広がる
コバルトのリーフが光れば
陽に灼けた横顔ためらい
少しうつむいて 少年みたいね

私ひとり 街へ帰る
海風 聞かせて

君のせいじゃない
言い出せなかった
私がいけないだけよ
彼女には何も
知らせずにいてね
遠くで見つめていたい

太陽が特別眩しい
息さえもできないくらいに
手の平を翳して見上げた
夏を少しだけ嫌いになりたい

シャツのえりを直しながら
涙をかくした

君のせいじゃない
そんな自分を
責めたら悲しくなるわ
悪いのは私
困らせてばかり
ごめんね好きだったこと

風邪をひいたのと
伝えておいてね
誰かに聞かれた時は
悪いのは私
困らせてばかり
ごめんね好きだったこと
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:SUMMER EYES 歌手:菊池桃子

菊池桃子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-12-01
商品番号:VPCB-84020
バップ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP