試聴する

もう逢えないかもしれない

この曲の表示回数 30,767
歌手:

菊池桃子


作詞:

康珍化


作曲:

林哲司


日差しがひとつ弱まるたびに
ふたりの心も もろくなるね

草原ぬけてミモザの駅へ
あなたを送りに急ぐ
風と夕陽をつれて

そんな怒った顔を
はじめて見たわ
手も握れない 私
責めてるみたい

もう逢えないかもしれない
秋は旅人
あなたに枯れ葉の音がした

もう逢えないかもしれない
一度も好きと
言えずにごめんね
いま 風は走る
あなたの影をふまないように
離れて電車が来るの待った
胸が一杯

クルミの枝にそっと
小さく彫った
あなたの名前 冬に
埋れてゆくね

もう逢えないかもしれない
風も旅人
ホームにゆれてるかすみ草

もう逢えないかもしれない
思い出だけが
心に重くて
ねえ 折れそうです

もう逢えないかもしれない
夢も旅人
木の葉が涙の海になる

もう逢えないかもしれない
一度も好きと
言えずにごめんね
ほら 風が止まる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:もう逢えないかもしれない 歌手:菊池桃子

菊池桃子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-12-01
商品番号:VPCB-84022
バップ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP