試聴する

魚市場のおんな

この曲の表示回数 3,449

浜の桟橋 朝焼けに
入船大漁で 女衆(おんな)がさわぐ
だけどあんたの 声はない
波がさらって もう三月(みつき)
魚市場(いさば)のおんなは 涙を見せぬ
泣いたら背中の 赤児がぐずる

つらい知らせは なくていい
姑(ばっちゃ)と子供(わらし)を 食わせにゃならぬ
おんな盛りを けずっても
笑顔つくって 声をだす
陸奥湊(みなと)のおんなは 夜泣く海鳥(かもめ)
あんたが恋しと 布団をかぶる

蕪島(しま)のウミネコ 来る頃に
ふらりと港に 戻ってほしい
坊や抱かせる 夢の日が
いつかその日が くればいい
魚市場(いさば)のおんなは 情けが深い
想い出ひとつで お酒に酔える
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:魚市場のおんな 歌手:水木ケイ

水木ケイの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/02/26
商品番号:YZWG-15261
エイフォース・エンタテイメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP