試聴する

秋桜の駅

この曲の表示回数 749
歌手:

北野好美


作詞:

冬弓ちひろ


作曲:

杉本眞人


祭りばやしの季節が過ぎて
そろそろ秋風が吹きますね
線路の脇の 秋桜揺れる
今は寂れた 故郷の駅
いつまでも いつまでも
あなたの汽車をここで見送った
あれはもう 遠い昔
都会暮らしで 夢が痩せたら
帰っておいでよ 心の駅に

夕焼け空に 茜の雲が
浮かんで 懐かしい母の声
線路の脇の 秋桜揺れて
風に誰かを 呼んでるようです
泣きながら 泣きながら
あなたが汽車の窓から手を振った
あの頃の 胸の痛み
都会(まち)の夕陽に 思い出したら
帰っておいでよ 心の駅に

都会暮らしで 夢が痩せたら
帰っておいでよ 心の駅に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:秋桜の駅 歌手:北野好美

北野好美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020-02-05
商品番号:CRCN-8311
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP