青春

この曲の表示回数 18,056
歌手:

近藤真彦


作詞:

高橋研


作曲:

高橋研


古いジャズの店で 待ちあわせたものさ
俺の瞳(め)が好きだと 言ってくれたひと
愛に背を向けたい そんなあの頃だった
さよならの重さを 知らなかったのさ

錆(さ)ビたナイフだね 青春てヤツは
ぶつけ場所のない 悲しいエネルギー
ろくでなしだったよ チンピラのようだった
夢だけを食べて 生きてたころ

遠い街に帰る その日を知りながら
飲んだくれていたよ 気づかぬふりでね
ランボーが好きだった そのやさしさは今
誰かの胸にそっと 預けてるのでしょう

折れたナイフだね 青春てヤツは
使うあてのない 激しいエネルギー
あてどなしだったよ 野良犬のようだった
愛さえもしらず 生きてたころ

錆(さ)ビたナイフだね 青春てヤツは
ぶつけ場所のない 悲しいエネルギー
ろくでなしだったよ チンピラのようだった
夢だけを食べて 生きてたころ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:青春 歌手:近藤真彦

近藤真彦の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1987-06-03
商品番号:50DH-666
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP