試聴する

九段の母

この曲の表示回数 397
歌手:

川中美幸


作詞:

石松秋二


作曲:

能代八郎


上野駅から 九段まで
勝手知らない 焦(じ)れったさ
杖を頼りに一日がかり
悴(せがれ)来たぞや 逢いに来た

空を衝くよな 大鳥居
こんな立派な 御社(おやしろ)に
神と祀(まつ)られ 勿体なさよ
母は泣けます 嬉しさに

両手合わせて 跪(ひざまず)き
拝むはずみの 御念仏(おねんぶつ)
ハッと気付いて うろたえました
悴(せがれ)許せよ 田舎者

鳶が鷹の子 生んだ様で
今じゃ果報が 身に余る
金鵄勲章(きんしくんしょう)が 見せたいばかり
逢いに来たぞや 九段坂
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:九段の母 歌手:川中美幸

川中美幸の新着情報

  • 無縁坂新着 / ♪母がまだ若い頃僕の手をひいて
  • 秋桜新着 / ♪淡紅の秋桜が秋の日の
  • 吾亦紅新着 / ♪マッチを擦ればおろしが吹いて
  • かあさんの歌新着 / ♪かあさんは夜なべをして
  • かあさんへ新着 / ♪愛を求めて故郷をすてたのに

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-10-02
商品番号:TECE-3538
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP