父娘のれん

この曲の表示回数 398
歌手:

生駒尚子


作詞:

朝比奈京仔


作曲:

岡千秋


雪になりそな 夜やから
暖簾をおろして 父娘(おやこ)で 呑もか
添えぬお人に 惚れぬいて
意地を通した 親不孝
口にだせない 詫びがわり
お酒 注ぎたす カウンター

四十代(しじゅう)なかばで この俺を
残していったと ため息ついて
お酒 はいれば 母さんの
思い出ばかりや そればかり
外は小雪か 夜も更けて
親の惚気(のろけ)に 目がうるむ

梅も凍える 如月(きさらぎ)に
灯りがこぼれる 裏街通り
酔って眠った父さんに
赤いコートを 着せかけりゃ
ほっとしたよな 母さんの
写真相手に 手酌酒
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:父娘のれん 歌手:生駒尚子

生駒尚子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-07-10
商品番号:TKCA-91187
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP