試聴する

十国峠

この曲の表示回数 4,542
歌手:

鳥羽一郎


作詞:

朝比奈京仔


作曲:

木村竜蔵


霧の晴れ間の 箱根路を
夢を背負って越えてきた
信濃 遠州 駿河から
関東一円見渡して
勝って勝ち抜く覚悟なら
ここから先はいくさ道
富士を仰いで 雲海(くも)を見下ろす 尊さを
胸に刻んだ 十国峠(じっこくとうげ)

箱根権現(ごんげん) 手を合わせ
祈る望みを誰がしる
俺のお袋気にかけて
追わずに待つといった女(やつ)
きっとおまえを幸せに
そこから先を言えぬまま
風に吹かれて 風にこぼした 胸ん中
知っているのか 十国峠

富士を仰いで 富士にきかせる ひとふしに
泣いてくれるか 十国峠
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:十国峠 歌手:鳥羽一郎

鳥羽一郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-02-06
商品番号:CRCN-8220
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP