次郎長富士

この曲の表示回数 13,310
歌手:

北島三郎


作詞:

原譲二


作曲:

原譲二


旅行けば
駿河の国に茶の香り
名代なるかや東海道
名所古跡の多いところ
中に知られる羽衣の
松と並んでその名を残す
街道一の親分は
清水港の次郎長

富士を見上げた 男の顔に
意地と度胸と いう文字が
きざみ込まれた いい男
駿河生れの
あれが清水の あれが清水の
次郎長どんさ

義理と人情(なさけ)の ふり分け荷物
後生大事と 笑う目に
じんとしびれた いい男
街道生れの
これが清水の これが清水の
次郎長どんさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:次郎長富士 歌手:北島三郎

北島三郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-06-05
商品番号:CRCN-40737
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP