試聴する

低気圧ボーイ

この曲の表示回数 8,486

はるか南の低気圧は
君といた夏をぬらしてる

ただ何となくキスして
淡い時に酔いしれた
あの海からまだ帰れない

浮かれたパーティの後
ほてった体のまま
夜の向こう側に
僕ら見てた
ありふれたまぼろし

そして南の低気圧は
明日には台風に変わるみたい

ラムネ カラカラ飲み干して
サンダルの砂を落とした
あの海にはもう誰もいない

けだるい午後の街
揺れるタクシーの中
途切れるラジオから
聞こえてきたおきまりのサマーナンバー

残ってる花火の跡も
くすぶった君の気配も
やがて来る雨に消されるだろう

浮かれたパーティの後
ほてった体のまま
夜の向こう側に
僕ら見てたまぼろし
ありふれたまぼろし
聞こえてきたサマーナンバー
おきまりのサマーナンバー
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:低気圧ボーイ 歌手:山崎まさよし

山崎まさよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-11-26
商品番号:POCH-1870
ポリドール

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP