試聴する

名前のない鳥

この曲の表示回数 18,840

風に揺れてる朽ちかけた伝言板
裏切られるよりはさまようほうがいい

便りがない日々に淋しさだけつのってゆく
影を引きずるぐらいなら名もない鳥でいい

陽炎の様にゆらいでる約束の場所
はるか遠くの街

誰かが全部幻だと教えてくれたら僕は
何処へ行くだろう

主を探している はぐれた雲に話しかける
何にすがった時に一つの旅は終わるんだろう

月は今日の夜もしんしんと照らしている
想うのはただ愛しい人の胸で眠りたい

たとえ幻であってもせめてー夜の
ぬくもりに酔いしれたい

心の奥で消えかけたわずかな明かりを
もう一度両手でつつんで

陽炎の様にゆらいでる約束の場所
はるか遠くの街

誰かが全部幻だと教えてくれたら僕は
何処へ行くだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:名前のない鳥 歌手:山崎まさよし

山崎まさよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-05-21
商品番号:POCH-1631
ポリドール

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP