試聴する

追いかけて春夏秋冬

この曲の表示回数 2,360
歌手:

山崎ハコ


作詞:

阿久悠


作曲:

山崎ハコ


彼岸を過ぎて 九日十日
桜の上に 雪が降る
宿の小窓を開けて ためいき
待てといってた あなたを待ちながら
追いかけて 追いかけて 春夏秋冬
春は東京にだまされる

あなたの傘を 開いて乾して
どうやら梅雨も あけたよう
死ぬの生きるの 抱いて抱かれた
重い心も 今日から軽くなる
追いかけて 追いかけて 春夏秋冬
夏は金魚と遊びたい

春から夏の 激しさ去って
秋風 胸にしみる頃
赤い紅葉(もみじ)の色に染まって
ひとりわたしは 恋する夜叉になる
追いかけて 追いかけて 春夏秋冬
秋は小指が痛くなる

恋するたびに 不幸になって
からだも軽く 風に舞う
冬の花火に 耳を塞いで
愛のふりする あなたを睨(にら)んでる
追いかけて 追いかけて 春夏秋冬
冬は心中(しんじゅ)がしたくなる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:追いかけて春夏秋冬 歌手:山崎ハコ

山崎ハコの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-06-20
商品番号:TECE-3491
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP