試聴する

UFOを待つ冬の窓

この曲の表示回数 1,829
歌手:

山崎ハコ


作詞:

阿久悠


作曲:

山崎ハコ


木枯しが吹き
雲がちぎれて飛ぶ
ときおり月光が
驚いたように光る
ぼくはひとりの部屋にいて
寒くてならないのに窓を開ける
誰かと話したい
誰かを呼びたい
いやいや ぼくは
打ち明け話をすると
UFOを待っている
今夜こそ 冬の窓
今夜こそ 冬の窓

ラジオが乱れ
ノイズばかりになる
街中灯が消えて
あちこちで人が騒ぐ
ぼくは窓辺で手を振って
恐くてならないのに期待してる
願えば叶(かな)うのだ
思えば そうなる
そうそう ぼくは
今では本気になって
UFOを待っている
連れて行け 冬の空
連れて行け 冬の空

そうそう ぼくは
今では本気になって
UFOを待っている
連れて行け 冬の空
連れて行け 冬の空
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:UFOを待つ冬の窓 歌手:山崎ハコ

山崎ハコの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-06-20
商品番号:TECE-3491
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP