青春挽歌

この曲の表示回数 806
歌手:

半田健人


作詞:

半田健人


作曲:

半田健人


川の流れは二人を欲しがり
黒い水面を見つめさせる
短い秋の終りになって
つめたい風が吹くころに
暖め合う気になれなくて
明日の覚悟を決めながら
二人は並んで歩いている
愛さえあれば こうならず
愛がこわれて こうなった

灯りの消えない街を選んで
それが希望と信じて生きた
せまい部屋に花を飾って
季節だけは忘れずに
雨が降る日は 雨を見て
風に吹かれて歩けたなら
二人はやさしいままだった
愛さえあれば こうならず
愛がこわれて こうなった

時の流れが二人を切り裂いて
別れになったと言えたらいい
長く思えた暮らしが終わり
別々の道を行くときに
互いの目を見て もの言えず
昨日が今でも愛しくて
二人は今日を生きている
愛さえあれば こうならず
愛がこわれて こうなった

愛さえあれば こうならず
愛がこわれて こうなった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:青春挽歌 歌手:半田健人

半田健人の新着情報

  • 座蒲団 / ♪土の上には床がある
  • あの日から / ♪何をしてもすれ違い
  • 生活 / ♪眠たくもないのに
  • 朝露 / ♪朝から朝から朝霞という名の
  • 一日 / ♪夕暮れが近い時が来ると

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-05-30
商品番号:VICL-64999
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP