希望の唄

この曲の表示回数 1,856
歌手:

豊永利行


作詞:

豊永利行


作曲:

豊永利行


孤独に悩む1人の男がいた
彼の名を知らぬ者などいなかった
それなのに

ねえ どうして 消え去ったの
人の群れにつまづいて
傷痕が 癒えぬのなら
ぼくは唄う 希望の唄を

過ぎゆく時の彼方
あてもなくただ彷徨う
あの日の夢 求めて
ひとり ただ彷徨う Ah

変わる事を恐れるのが人なんだ
周りの者は口を揃えて言った「無謀」だと

男には夢があった 魂を救う術を
数ある発明はそう 「無謀」から「無限」を描く

過ぎゆく時の彼方
あてもなくただ彷徨う
男の夢 叶えるために ぼくは唄う

過ぎゆく時の彼方
あてもなくぼくは唄う
孤独(ひとり)では無いんだと

信じ ただ唄う Ah
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:希望の唄 歌手:豊永利行

豊永利行の新着情報

  • 光へ新着 / ♪不安な夜だった自問自答ばかり
  • With LIFE / ♪例え話をしていた事が
  • Don't Give Up / ♪なりたい自分諦めてない
  • I'll Be on Your Side / ♪どんな時も隣に居て変わらず
  • 1:1 / ♪天井へ向かって誰か呟いた

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-03-07
商品番号:TSM-1001
T's MUSIC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP