試聴する

鳥の歌

この曲の表示回数 1,455
歌手:

川上大輔


作詞:

岡田冨美子


作曲:

都志見隆


寒い道を歩いてきた
夢につまずきながら……
赤く錆(さ)びた胸の疵(きず)を
かばいながら生きてた
涙があふれ止まらない
あなたが僕を見つめてる
ことば以上 こころ以上
指を握りしめ感じあった
名前なんか忘れてしまおう
大空を自由に飛ぶために……

久しぶりに朝日を見て
僕は生まれ変わった
明日(あした)行きのバスに乗ろう
着いた町で暮らそう
涙があふれ止まらない
あなたも朝日見つめてる
きっと二人 ずっと昔
信じあっていた気がするんだ
壊(こわ)れそうな約束はしない
大空を自由に飛ぶために……

涙があふれ止まらない
あなたが僕を見つめてる
ことば以上 こころ以上
指を握りしめ感じあった
名前なんか忘れてしまおう
大空を自由に飛ぶために……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鳥の歌 歌手:川上大輔

川上大輔の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-02-07
商品番号:CRCN-8119
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP