旅の終わりに

この曲の表示回数 2,760
歌手:

川上大輔


作詞:

及川眠子


作曲:

小松一也


海に落ちる夕陽があざやかで
不意に訪ねた街の片隅
この目をとらえた微笑みは
ひっそりと咲いている花のようで

立ち止まる 心は
運命だとただ感じて

人はいつも幸せの途中にいる
時には迷い 時には疲れ
はるか長い道を
ひとりひとり 僕たちは歩いてきて
そしてとうとうめぐり逢えたね
旅の終わりに

僕の肩にひたいを押しあてて
君がそっとこぼした涙は
悲しみや孤独乗り越えた
強い人だけが持つしるしだった

言葉より確かに
いま伝える この想いを

人はいつも苦しみと一緒にいる
時にはあがき 時には悔やみ
同じ空の下で
ひとりひとり 僕たちは生まれてきて
安らぎの場所たどりつけたね
旅の終わりに

人はいつも幸せの途中にいる
時には迷い 時には疲れ
はるか長い道を
ひとりひとり 僕たちは歩いてきて
そして明日(あす)から二人に変わる
旅も終わるよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:旅の終わりに 歌手:川上大輔

川上大輔の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-04-17
商品番号:CRCN-8241
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP