本当の事

この曲の表示回数 215
歌手:

KAKASHI


作詞:

堀越颯太


作曲:

堀越颯太


流されていればラクだったんだ。
自分を持たなけりゃよかったんだ。
置いていかれちゃえば終われていたんだ。
認める事が恥ずかしかったんだ。
本当はずっと分かっていたんだ。
自分の気持ちに気付いていたんだ。
このままじゃ僕はダメになるんだ。
だけど変化が怖いんだ。

いつだって僕はズルいから。
ズルい事さえ言い訳にしている。

今本当の事を話すなら
「くだらない」と言ったこの人生さえも
愛している事をあなたに分かっていて欲しくて。
でもいつか終わりが来るのなら
悲しい思い出にならないように。
今を愛してみよう、なんて。
本気で思うんだ。

何がどうなってもよかったんだ。
流される事さえよかったんだ。
見栄を張る事にも飽きてたんだ。
なんかもう全てがめんどかった。
だけどまだ何も終わってなくて
目の前の道は続いてるんだ。
やはり走り出してしまったんだ。
やるしか無いって分かってたんだ。

本当は信じていたんだ。
無力な僕にも何かが出来ると。

今本当の事を歌うなら、
あなたが1 人でも笑えるような
少しだけ前を向けるような
そんな歌を歌いたくて。
でもいつか終わりが来るのなら
この瞬間が無駄にならぬように
今を愛してみてよ、なんて
言えたらいいのにな。
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:本当の事 歌手:KAKASHI

KAKASHIの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-01-10
商品番号:UNCR-5
UNCROWN RECORD

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP