ドブネズミ

この曲の表示回数 80
歌手:

KAKASHI


作詞:

堀越颯太


作曲:

堀越颯太


いつかは終わりが来ると分かっていて
歩き続ける僕が馬鹿らしい
どうせ「いつか」が来るのなら
それまではもがいてみようと思うんだ

劣等感 敗北感 隣の芝生の青さと
罪悪感 優越感 時間が止まったみたい

何度も夜を越えてきたけど
越えるたび募る焦燥感
結果社会で泥だらけの
美しさなど必要はない

いつかは終わりが来ると分かっていて
歩き続ける僕が誇らしい
どうせ「いつか」が来るのなら
何度でももがいてみようと思う
「写真には映らない美しさ」が
今少し分かった気がする
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ドブネズミ 歌手:KAKASHI

KAKASHIの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-12-05
商品番号:UNCR-10
UNCROWN RECORDS

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP