この曲の表示回数 378
歌手:


作詞:

Yuuki Ozaki


作曲:

Yuuki Ozaki


ヘイ 呼びかけて フェンスの向こうから 僕を見つめてる
-1991-
僕らを知っている? ねぇ僕のそばにいる?

風に追い立てられ 頬には赤みがさし 両手いっぱいのおもちゃ
独りになることがなく
夜を抱く
許されて

さあ 偽りの ペンキの窓から 僕らは落ちていく
-1991-
行ったり来たりする 僕らはどこにいる?

君は理解されず 腕を力なく下ろし 黄金に輝くおもちゃ
みんな繋がっているよ
夜を抱く
許されず

-1991-
意味なんてなかったんだ
そう
フェンスに絡む蔦

時々わからなくなるんだ
何が僕をこんな気分にさせるのか
僕らの頬をひっぱたいてよ
おもちゃはもういらないよ
それでもう
ゆるされる?
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:1991 歌手:warbear

warbearの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-12-06
商品番号:SECL-2242
SME

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP