瞼の母はしょっぺぇや

この曲の表示回数 702
歌手:


作詞:

たてやままさと


作曲:

中村泰章


愛に形が あるならば
おふくろそれは あんただよ
降り注がれた 愛の日が…
当たり前だと 過ごした日々よ
どんな人生 送っても
最後にゃあんたに 帰り着く
おまえを産んでて よかったと
言われたかった なぁおふくろよ

夜なべあかぎれ 当たり前
みそ汁だけは 美味かった
酔った親父に 殴られて
涙拭(ぬぐ)って ちゃぶ台拭いて
そんな毎日 送っても
さえない親父が 自慢でなぁ
狭いが自慢の アパートで
楽しかったよ なぁおふくろよ

修羅と仏を 演じ分け
家族を護って くれたよな
あたしの人生 悔いは無し
言わせたかった なぁおふくろよ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:瞼の母はしょっぺぇや 歌手:鳥羽一郎

鳥羽一郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-12-06
商品番号:CRCN-8105
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP