この曲の表示回数 5,151
歌手:

島津亜矢


作詞:

T.TAKAMITSU


作曲:

T.TAKAMITSU


「あんた」ことし最初の 雪がひらひら窓辺に舞うわ
薄紅さした寝化粧ですが 雪見酒でも交わしましょうか

「あんた」夢の破片(かけら) 手のひらのせて暖めていて
夢追い人のあんたがいれば 沈む夕陽に背を向けられる

こらえた涙も生きてる証し
あんたに抱かれるいのちの証し
いつまでも いつまでも
私は「あんた」を守ってあげる

「あんた」春になったら 想い出つむぎの旅に出ましょう
波打ち際の名もない宿で 昔ばなしに酔いしれましょう

金蘭緞子の花嫁衣裳
羽織って渡るわ三途の川も
いつまでも いつまでも
お願い私の名前を呼んで

ふたりで歩いた人生だもの
悔いなどないわよ私は女
この命 果ててまで
私は「あんた」を守ってあげる

いつまでも いつまでも
私は「あんた」を守ってあげる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女 歌手:島津亜矢

島津亜矢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-10-17
商品番号:TECE-30708
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP