流氷番屋

この曲の表示回数 2,986
歌手:

島津亜矢


作詞:

桜このみ


作曲:

櫻田誠一


流氷離れりゃ 番屋の浜に
海猫(ごめ)と一緒に 春が来る
はぐれハマナス 咲いたけど
漁に出たまま 行ったまま
帰らぬ亭主(あんた)を あてなく待って
今日も番屋で 飯支度(めしじたく)

元気を出しなと コップの酒を
そっと差し出す 荒れた指
恋しあの人 思い出す
口は荒いが 男衆(やんしゅう)の
優しい心で 支えてくれる
漁師仲間の 情(じょう)に泣く

あの人奪った この海憎い
沖をにらんで 石を蹴る
波にあくたれ ついて泣く
魚臭さの しみついた
髭面(ひげづら)笑顔で 私を抱いた
太いあの腕 返してよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流氷番屋 歌手:島津亜矢

島津亜矢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-10-17
商品番号:TECE-30708
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP