虚空太鼓

この曲の表示回数 4,592
歌手:

水前寺清子


作詞:

星野哲郎


作曲:

島津伸男


瀬戸の島々 ほのぼの暮れて
かもめとろとろ 夢見頃
どこからともなく きこえてくる
虚空太鼓の 撥(ばち)の音(ね)は
浮かれはじめは 面白く
やがて悲しい人の世の
夏の花火に 似たさだめ
諸行無常と 鳴り渡る

若い命を 瀬戸の渦に
すてた一座の 物語り
宮島祭りが 近づけば
虚空太鼓に おもいだす
西へ響いて 母を呼び
北へ戻って 父を呼び
波に消えゆく 踊り子の
赤い小袖が 目に浮かぶ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:虚空太鼓 歌手:水前寺清子

水前寺清子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-03-18
商品番号:CRCN-40541
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP