試聴する

夢路

この曲の表示回数 5,865
歌手:

山内惠介


作詞:

麻こよみ


作曲:

水森英夫


路地裏ひと間の 薄灯り
今もせつなく 瞼に浮かぶ
思い通りに ならなくて
畳に涙の シミの痕(あと)
何にもなかった 夢だけあった

電話は掛けない 母さんに
声を聞いたら なおさらつらい
薄い布団(ふとん)に くるまって
心で何度も 詫(わ)びた夜
あれから何年 たつのだろうか

春風(はるかぜ)優しい 公園の
桜の下で 誓った夢よ
たとえ明日が 遠くても
それでも自分を 信じてた
何にもなかった 夢だけあった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢路 歌手:山内惠介

山内惠介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-05-11
商品番号:VICL-64564
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP