海水浴

この曲の表示回数 3,322
歌手:

ずうとるび


作詞:

山田隆夫


作曲:

山田隆夫


8月の暑い日にぼくはたて山に海水浴に行った
汽車の中で僕はおにぎりとゆで玉子をたべたっけ
早くつかないかなあ あせはもうだらだらだよ
頭にゆげポッポはやく泳ぎたい たて山の海で

たて山の海につくとすぐにぼくは着がえたよ
それから大きな海へ向かってまっしぐらにかけていった
ところがいざ下を見ると 海水パンツを
はきわすれてる なにかがとびでているよ
あわてて 水の中に はいったら
カニにはさまれたよ 目から火がパチパチと
いたかった たて山の海は

夕方の海はとってもきれい
僕の顔みててれてるよ
そんなにてれないで君はとってもきれいだよ
また来年もくるよ さようなら たて山の海よ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海水浴 歌手:ずうとるび

ずうとるびの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP