初恋の絵日記

この曲の表示回数 3,192
歌手:

ずうとるび


作詞:

岡田冨美子


作曲:

加瀬邦彦


初恋でした
青春の青さを恥じらいながら
いだき合う2人は 美しかった
君の名は……

君を待っているよ 白い歩道橋の上で
夕日沈むころに ふだん着のまま会いに来て

赤いサンダル君の素足の
眩しさにドキドキ 好きだよ負けそう

人が見ているから口づけはひとつでいいね

純粋でした 何かをおそれながら
何かを求め合う2人に
夕焼けがとってもやさしかった
君の名は……

肩をよせて降りる 狭い歩道橋の階段
僕の家へおいで 今夜ひとりぼっちなんだ

何して遊ぶ 君に聞かれて
背中までドキドキ 好きだよ負けそう

君の髪の香り 甘い香りが気にかかる

遅くなったら 叱られるのと
聞きながらドキドキ 好きだよ負けそう

いつも夢見ていた 2人きりになれるときを

初恋でした 純粋でした
それでも 時は流れ
なぜ恋は終るのでしょう
君の名は……
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:初恋の絵日記 歌手:ずうとるび

ずうとるびの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-03-26
商品番号:GNCL-1286
ジェネオン エンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP