恋路

この曲の表示回数 12,205

俺のこの手を 離すなよ
叱る言葉が なお辛い
なぜにおまえは 親捨てて
北のはてまで ついて来た
ひとの誹りを うけるとも
二人だったら 生きられる
寒い夜汽車に 乗ったとき
強いわたしに なりました

ゆめがほろりと 泣かせたか
こぼれ落ちそな ひとしずく
俺が悪いと 言いながら
太い小指で  拭いてやる
ながい旅路の 終わる町
どこか淋しい 恋の宿
潮の香りに 起こされて
そっと寄り添う 午前二時

命ふたつを 寄せ合って
ともす灯りは 消されない
暗い波間に ひと筋の
やがて日が射す 日が登る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:恋路 歌手:石原裕次郎・川中美幸

石原裕次郎・川中美幸の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-06-21
商品番号:TECA-30643
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP