太陽の季節

この曲の表示回数 2,807
歌手:

ずうとるび


作詞:

岡田冨美子


作曲:

穂口雄右


髪の毛を束ねてと
輪ゴムさし出した
君の目に太陽が
キラキラ飛び込む
からだを隠した水着が目ざわり
はだかになろうよ すっきりするから
喉ばかりかわくね
冷たいジュースを
やさしく飲ませてほしい
オリーブを塗らせてと
君はやわらかい
ふくらみをくっつける
僕の背中に

奪われたいのは口びるだけかい
ふざけてたずねる 素肌をぶつけて
喉ばかりかわくね
冷たいジュースを
やさしく飲ませてほしい
こぎ方を教えてと
君ははしゃいでる
まっ白いあのボート
いっしょにこごうよ
疲れたらこの膝が
枕がわりだよ
大波に揺れながら
寝顔に口づけ
寝顔に口づけ
寝顔に口づけ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:太陽の季節 歌手:ずうとるび

ずうとるびの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-03-26
商品番号:GNCL-1286
ジェネオン エンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP