雨音

この曲の表示回数 76,000
歌手:

まつざき幸介


作詞:

かず翼


作曲:

小田純平


古い酒場の 片すみで
男は過去へと 旅をする
窓を叩く 雨音を
唄の代わりに 聞きながら
つまずき転んだ ぬかるみで
拾った情けの ありがたさ
しみじみ思う 一人で人は
生きてはいない
雨よ雨よ 今夜も俺は
想い出手向(たむ)ける 酒を飲む

古い傷あと うずき出し
悲しい瞳が よみがえる
窓を叩く 雨音が
いつかあいつの 声になる
一緒に歩いて やれないで
今ごろどうして いるだろか
あれほど誰か 愛した日々が
俺にもあった
雨よ雨よ 今ならわかる
人生切なく いとしいね

出会いと別れを 繰り返し
喜び苦しみ 知るけれど
それでも人は 大人になれず
悔やんでばかり
雨よ雨よ 今夜も俺は
想い出手向ける 酒を飲む
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨音 歌手:まつざき幸介

まつざき幸介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016/01/06
商品番号:CRCN-1929
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP