長良川鵜情

この曲の表示回数 12,421
歌手:

秋山涼子


作詞:

木下龍太郎


作曲:

松井義久


燃やすつもりか 水までも
女ごころの 未練火は
篝火(かがり)ともして
夜に漕ぎ出す 鵜飼い舟
今宵かぎりの 川宿は
障子開ければ 長良川

なんで手放す 鵜の鳥は
鮎と言う名の しあわせを
まるで私の
運命見るよで 辛くなる
従(つ)いて行きたい 叶うなら
せめて貴方の その後を

付けておきたい この肌に
二度と消えない 恋形見(こいがたみ)
窓の下には
灯火(あかり)落とした 鵜飼い舟
更けて添い寝の 耳元に
泣いて聴こえる 長良川
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:長良川鵜情 歌手:秋山涼子

秋山涼子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004/07/22
商品番号:GRCA-28
ガウスエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP