カゲロウ

ぶらり途中下車の旅 エンディング

この曲の表示回数 12,107

雨上がりのアスファルトの道端に花が咲いてる
たどり着いたその場所で 風に身を任す様に
踏切の向こうでカゲロウが揺れている

もしここで生まれていたなら どんな僕になってただろう
港を出て行く船を 国道のずっとその先を
切ない気持で見つめていたのだろうか

ここにある喜びと悲しみに触れたら
今より素直になれるかな

歩道橋の下の線路を夕暮れの列車が過ぎる
どこかの街の海辺を 夜を照らす月の下を
家路につく人 旅立つ人達を乗せて

それぞれが描いてる幸せの形
今無性に君に会いたい

何かを置き去りにしたまま時は季節と共に行く
かつて抱いた憧れ 幻の様な夏の日々
一人で佇むいつかの僕を残して
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:カゲロウ 歌手:山崎まさよし

山崎まさよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015/09/23
商品番号:XNAU-16
Augument Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP