雪夜酒

この曲の表示回数 20,415
歌手:

西方裕之


作詞:

水木れいじ


作曲:

市川昭介


宿の蛇の目傘(じゃのめ)に 身をよせあって
渡るこの世の 罪の橋
逢うが別れの いで湯の郷(さと)で
人目しのんで 燃える恋…
あなた酔わせて…酔わせて…雪夜酒(ゆきよざけ)

まわり道でも 倖せ探す
肩にひとひら 冬紅葉(ふゆもみじ)
寒くないかと 両手で包む
そんな情(なさけ)が ただ欲しい…
あなた泣かせて…泣かせて…雪夜酒

あれは始発の 汽笛の音か
こころ乱れる 虎落笛(もがりぶえ)
雪見障子を 背中で閉めて
すがる女の 夢ひとつ…
あなた抱いてて…抱いてて…雪夜酒
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雪夜酒 歌手:西方裕之

西方裕之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/09/09
商品番号:KICX-3732
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP