こころ乱して運命かえて

この曲の表示回数 16,865
歌手:

内藤やす子


作詞:

阿久悠


作曲:

芳野藤丸


また 男が鳥になる
夜明けになったら翔びたがる
今度戻って 来る時は
胸の傷では すまないだろう
こころ乱して 運命かえて
時という名の いたずらものが
胸のすきまを いたぶるように
男と女を あそんで 棄てる
アア アアア
アア アアア

また 男が風になる
季節が 変われば 行きたがる
こどもみたいに 甘ったれ
泣いたあの夜も 忘れただろう
こころ乱して 運命かえて
時という名の いたずらものが
季節がわりの 景色のように
男と女を つないで 離す
アア アアア
アア アアア
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:こころ乱して運命かえて 歌手:内藤やす子

内藤やす子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-09-23
商品番号:TECE-1065
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP