ひとりの酒

この曲の表示回数 5,747
歌手:

立樹みか


作詞:

森田圭悟


作曲:

水森英夫


あなた残した この酒に
今もあの日が うつります
飲めば飲むほど 淋しさが
胸に涙を つれて来る
どこに悲しみ 捨てるやら

好きで覚えた わけじゃない
あなた教えた 酒の味
忘れられない 面影が
揺れるグラスに また浮かぶ
偲ぶ酒場で むせび泣く

ひとりぼっちは 寒いから
生きることさえ つらくなる
話し相手が ほしいのに
酒は黙って いるばかり
あなたに逢いたい 雨の夜
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとりの酒 歌手:立樹みか

立樹みかの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-04-21
商品番号:CRCN-1136
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP