試聴する

偶然

この曲の表示回数 8,473
歌手:

寺尾聰


作詞:

有川正沙子


作曲:

高水健司


やがて時間(とき)は過ぎて もうふり向かない
襟をたてて 都会(まち)へ一人歩き出す

いつもと同じ あの店にすれば
偶然あなたに 逢うことなく

ガラスを隔てて 見つめられた瞬間(とき)
ざわめきさえ止まった

傷はとうにいえて いると思ってた
甘いその微笑(ほほえみ) 見なれてた仕草

雨の音だけ 想い出を刻み
束の間の夢が 胸に消える

ふと目を醒ませば 行く先告げずに
ぬくもりだけ残して
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:偶然 歌手:寺尾聰

寺尾聰の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-05-13
商品番号:TOCT-10281
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP