試聴する

裏町みれん

この曲の表示回数 14,959
歌手:

大川栄策


作詞:

秋浩二


作曲:

筑紫竜平


淋しがり屋の悲しさ辛さを
酒で紛らし生きてる俺さ
雨よ流しておくれよ心の傷あと
ため息洩らせばネオン泣いてる
酔えば聞こえる
あの娘の声が

いつの間にやら季節は過ぎ行き
愛を語れば散りゆく花も
俺を泣かせたあの娘の優しいまごころ
忘れはしないさ可愛い笑顔を
抱いてやりたい
か細い肩を

今日も馴染みの酒場の隅で
呑めばせつない思い出ばかり
呼んでみたって二度とは戻りはしないさ
いまでもこの目に浮かぶ面影
夢遊を爪弾く
裏町流し唄
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:裏町みれん 歌手:大川栄策

大川栄策の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-09-19
商品番号:COCP-30065
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP